電子タバコは普通のタバコより体に悪影響?電子タバコの噂

電子タバコには有害物質がある?

電子タバコには有害物質がある?

禁煙の補助として日本でも普及しつつある電子タバコですが、安全性はどのようなものなのか、有害物質は含まれているのかなどは気になるところです。

電子タバコには発がん性物質のタールが含まれていない為、健康に良いとされ流行するようになりました。

その一方で依存性の高い物質であるニコチンは含まれており、他国では健康被害も多数報告されたことにより世界各国で徐々に規制されるようになりました。

日本ではニコチンが医薬品に該当する為、薬事法によりニコチンの含まれている電子タバコの輸入及び販売は厚生労働省の許可を得ない限り禁止となっています。

しかし、販売する為ではなく個人で使用する目的であれば輸入することも可能となっています。

体にいい電子タバコがある?

体にいい電子タバコがある?

電子タバコはタバコの代替品として開発されたものです。

体にいい電子タバコもあって、煙にも害がないので吸ったときに気になる周りの人にも迷惑を掛けずに済みます。

電子タバコはカートリッジの中にあるリキッドを温めて、その煙を吸うことでタバコを吸った気分を味わえます。

一般的にニコチンが入っているものと、入っていないものの二種類があるので、自分に合っているものを選びましょう。

体にいいものはニコチンが入ってないもので、理由は中に入っているリキッドで中にはフルーツやハーブなどのフレーバーが入っています。

天然のフルーツやハーブから抽出されていて、タバコのようにニコチンやタールが入っていないので、副流煙が体に害を与えることもありません。

ニコチン入りの電子タバコは違法?

ニコチン入りの電子タバコは違法?

電子タバコはリキッドに熱を加えることによって、煙を出して実際に紙巻き煙草を吸っているかのような感覚を与えてくれる新しいアイテムです。

近年メディアを中心に話題になり禁煙ブームとともに注目されています。また本物の煙草と違いニコチンが含まれていないため健康面でも安心とされています。

何故含まれていないかというと、日本国内ではニコチンは医薬品として扱われており、販売すると薬事法により違法になるので各メーカーは取り扱っていません。

しかし規制がない海外ではニコチン入りのリキッドが販売されています。

日本国内でもニコチンは未承認医薬品として個人輸入が可能となっているので、個人で使用する場合に限りますが購入している人もいます。