電子タバコと加熱式タバコのメリットやデメリットは?

電子タバコのメリットとデメリット

電子タバコのメリットとデメリット

電子タバコのメリットとしてまず挙げられるのは、タール等の有害物質を含まないため比較的安全だとされていることです。ですので禁煙に役立つほか、受動喫煙の心配もないと言えるでしょう。

その他にも、従来のタバコより費用が安く済むということや、電子タバコに使われるリキッドと呼ばれる液体の種類が豊富なので、さまざまな味を楽しめることなどが挙げられます。

一方でデメリットとしては、安全性がきちんと証明されているわけではないということが挙げられます。

電子タバコには従来のタバコのように有害物質が含まれているわけではありませんが、健康への影響についての議論はまだ始まったばかりなので、今後出される情報にも注目しておくようにしましょう。

加熱式タバコのメリットとデメリット

加熱式タバコのメリットとデメリット

過熱式タバコとは一般的な紙巻タバコとは異なり、火を使用せずにタバコの葉を加熱して水蒸気を発生させニコチンを摂取するものです。

メリットは紙巻タバコに比べて健康被害が少ないという点です。その理由はタバコの葉を燃やす時に発生する有害物質タールが加熱式タバコでは出ないので、少なくともタールの悪影響を受ける事はありません。

また吸った時に煙がほとんど出ないので周りに迷惑がかかりにくいという点もありますし、合わせて臭いや灰も出ないというのも大きなメリットです。

一方デメリットもあります。まず紙巻タバコに比べて軽いのでずっと紙巻タバコを吸ってきた人にとっては少々物足りなさを感じてしまいます。

また電子機器なので、充電が切れてしまうと吸いたくても吸えないというのも大きなデメリットです。

他にもまだ一部の店舗でしか売っていないので入手しづらかったり、味の種類もそれ程多くないと言うのもデメリットの一つです。

禁煙するなら電子タバコがオススメ?

禁煙するなら電子タバコがオススメ?

電子タバコは、乾燥葉やリキッドを電熱線の発熱によりエアロゾルという霧状化する装置を使っているタバコのことです。

健康への意識が高くなっていることや社会的な環境の変化であったり様々な要因により喫煙者の肩身が徐々に狭くなってきており、電子タバコを利用する人が増加しています。

その目的は、禁煙目的に使用されることもあり、通常の紙巻きタバコからの移行者が増えています。

また、日本国内ではタバコの増税が予定されていて、利用者が多いと言われている加熱式のタバコについても増税が検討されていることもあり、電子タバコや加熱式タバコが人気となっています。

電子タバコは、ニコチンやタールが含まれていないためにおすすめする人もいますが、研究データーがないということも言われています。

しかし、通常の紙巻きタバコよりも健康被害が少ないことがおすすめされている理由の一つです。